プロパンガス料金適正化協会のミッション

ガス会社を自由に選ぶ権利が、消費者にはあります

活動理念

私たちは、消費者に対して環境にやさしいプロパンガスをより普及・促進する為、業者間の競争を制限する悪しき慣習の改善を図り、『公正で自由な競争』が出来る市場環境を作り出すことを、活動理念としております。

消費者保護

日本国内にはプロパンガス消費者を守るための行政の機関・団体が無く、本来なら「国民生活センター」や各市町村の「消費生活相談窓口」のような所が相談にのってくれますが、相談員にその知識が無いために各都道府県の「LPガス協会」に転送されています。
しかし、「LPガス協会」はもともとガスメーカー(販売店)寄りの団体なので消費者サイドに立った適切なアドバイス等は期待できませんでした。
そのため、NPOで活動した当時から当協会は消費者のための"駆け込み寺"となってきました。

適正価格の提示

プロパンガスは自由料金にも関わらず、その販売価格を伏せて営業していて、長年にわたり不透明な商習慣が続いていました。本来あるべき需要と供給のバランスである「市場メカニズム」が形成されてこなかったのです。

そのため、当協会が消費者のために暫定的に「適正価格」を設定しました。

「適性価格」は、LPガスのカロリーが、都市ガスに比べ2.2倍あるため、都市ガス単価を2.2倍にした上に、配送・人件費・労力等の現状を考慮した、販売店側と消費者側が歩み寄れる【フェアプライス】として基準を設定しています。

料金透明化への啓蒙活動

プロパンガスは、公共料金である都市ガスや電気などとは異なり、ガソリンや灯油などと同じ自由料金の商品です。
しかし、ガソリンや灯油と大きく違うのはプロパンガスの料金が不透明な点です。多くのガス会社では複数の料金体系があり、初めて取引を希望する消費者が問い合わせても、料金を即答できるガス会社は極めて少ないのが現状です。
もちろん、店頭やホームページ上に料金が明示されているガス会社は殆どありません。同じ販売店でも"消費者ごとに料金が違う"ことが当たり前の業界なのです。
当協会は、ホームページ上に適正価格を掲示し、問い合わせてきた消費者に啓蒙することでプロパンガス料金の公平性・透明化及び業者間の正常な競争促進を図っています。

販売業者の競争促進を通じた業界の活性化

プロパンガス業界は約50年の間価格競争(企業努力)が行われてきませんでした。近年首都圏を中心にようやく競争が行われるようになってきましたが、まだまだ正常な競争とはいえない状態です。
当協会では、適正価格のプロパンガス会社を消費者に紹介する活動を通じて業界に競争を促し、業界全体の活性化と市場原理導入を図っています。

協会の活動趣旨に賛同した優良ガス会社を消費者に紹介

私たちの約束

  1. 現供給会社との値下げ交渉アドバイスについては、あくまでも消費者側視点で適切なアドバイスでご案内させて頂いておりますので、安心してお問い合わせください。
  2. 私たちの活動は、闇雲に業者変更を促進することを目的としておりませんが、消費者の皆様方からのご要望に応じて、良心的・透明性のある料金の確約をとれたガス会社の紹介も致しております。
    当然、見せかけの安い料金で、その後徐々に値上げさせるようなことはありませんので、理不尽な一方的な値上の不安から解消されます。
  3. 業者変更の際は、当協会の「料金相談センター」が責任をもって消費者をフォローしますので、将来も安心です。

お問い合わせカードの送付

当協会では、消費者からの要望で供給会社の変更(協会の賛助会社)を行った場合は、協会が責任をもって以降のガス料金が適正価格で維持する様にフォローする『お問い合わせカード』をお送りします。

お送りするカードは、現在ご利用いただいているガス会社に対して、ご不満な点等が発生した場合にご相談いただくためのものです。

このカードは、"知らない内にガス料金が上がってしまった"、"サービスに問題がある"など、直接ガス会社に言いにくいことなど発生した場合に、カード記載の電話番号にご連絡いただければ、消費者の方に代わってガス会社に要望を伝えたり、料金交渉を行ったりする「保証書」になります。

お問い合せカード見本

プロパンガス料金適正化協会が提示する「適正価格」

基本料1,500円円
単 価 300円~330円  1m3あたり
※2015年1月現在